発酵食品のすすめー身体と心に優しい健康習慣

年末年始は、暖かい部屋の中でゆっくりとリラックスして過ごす時間が増えますね。しかし、家にこもっていると、なにかと食べ過ぎてしまう方も多いのでは?たくさんのイベントを楽しんだあなたの胃腸はちょっと疲れ気味かも。そんな身体を優しく整える「発酵食品」について、その知られざるパワーと気軽に楽しめる簡単な方法をご紹介します!

  1. 1. 発酵食品って?

    Pickles

    皆さんは発酵食品と聞いて何を思い浮かべますか?近年、海外では「コンブチャ」などの菌活ドリンクが流行しています。また、味噌や納豆、漬物など...日本食をよく食べるなら意外と身近なところに。

    「発酵食品」とは微生物により原料が分解されることでできたもの。生きた菌を身体に取り込むことで様々な嬉しい効果が期待できるんだとか。

  2. 2. 発酵のちから

    woman eating fresh fruit in a sports bra

    発酵させることで、その食品の長期保存が可能になることから古くから重宝されてきた発酵食品。しかし、発酵させることのメリットはそれだけではないみたい。

    旨みたっぷりの発酵食品は味に深みをプラスし、栄養価も高いことから効率よく栄養を摂取するのにとってもおすすめ。さらに美味しいだけでなく、腸内環境を整えることで美肌効果や免疫力のアップにもつながるんだとか。恐るべし、発酵パワー!

  3. 3. どうやって取り入れる?

    納豆や漬物、チーズにヨーグルトなどの発酵食品が好きな方は毎日の食事にバランスよく取り入れるのが簡単。様々な発酵食品を組み合わせることで色んな菌を摂取することが出来ます。だけど漬物やチーズなどは塩分が高いので、くれぐれも食べ過ぎには注意!

    もし独特な香りや酸味が苦手という時は、発酵食品を調味料に取り入れてみてはいかが?いつもの調味料を、米麹からできた塩こうじや醤油こうじ、甘酒などに変えてみるだけで、まろやかさと旨みの増した優しい味に早変わり!

    最近はスーパーなどで簡単に購入できるけれど、ちょっと挑戦してみたい人は米麹を買ってきて手作りしてみるのも楽しくておすすめ。塩や醤油と混ぜたら、一日一回かき混ぜながら数日~1週間ほど置いておくだけ!自分で育てる時間から料理の時間までずっとわくわくしちゃう体験に。

コロナウイルスや寒い天気もあって、家で過ごす時間の多い今日この頃。運動不足やついつい偏りがちな食事により、メンタルヘルスの不安定な方も多いのでは?身体の調子を整えることは気持ちの安定にもつながります。あなたにあった方法で発酵食品を取り入れることで、身体にも心にも優しい生活を実践してみて。